今日もこんなに美しい世界で、


以前は毎日書いてました。

今は気まぐれに更新します。
ライブしてきましたのです。
今日は水戸Sonicでライブでした。


szpilmanの活動は、今までは水戸Lighthouseオンリーで、Sonicには7月から出始めたのですね。

最近ではTAKE out PIZZAのときだけ、Sonicに行っていたので、szpilmanの4人でSonicに行くとなんだか新鮮というか、違和感というか。

まあライブが始まってしまえば関係ないですが。


今日、限定で1曲入りシングル「誰かが泣いている」を¥100という破格でご用意しました。
6日、下北沢Garageででも売ると思うけど、その後はどうかわかりません。今日たまたまうちら見て買った人はラッキーです。


最近はプライベートに聞く音楽はもっぱらジャズばっかりで、だからこそというか、ライブの日に耳にする音楽は逆に新鮮です。

ジャズバーなんかにも行くようになったけど、やっぱり音量とか会場の雰囲気とかまるで違うし。

どちらが良いとかではなく、どちらも楽しんでいきたいです。


なんか、帰り道にふと、自分が今までに手にしたもの、捨ててきたもののことが頭をよぎって切なくなりました。
切ないだけ、悲しくはないと思う。わからないけれど。
今日のライブとは関係ないんですけどね。


さ、次は6日だー。

14日には水戸駅エクセル6階にて無料アコースティックライブ、
21日に自主企画・ヒーローを水戸Lighthouseにて開催いたします。


ぜひぜひお足を運んでみてくださいー。

では。
| アンディー | 毎日日記 | 02:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ノートも選べない
近所、というほど近くはないですが、水戸、内原駅にイオン水戸内原ショッピングセンターという、けっこう大きいショッピングセンターがあります。




Nikon D700、COSINA Zeiss PLANAR T*1.4/50mm ZF.2
隣にケーズデンキがあります。


ショッピングセンター巡りが好きで、茨城・栃木と、群馬の一部・埼玉の西のほうにあるショッピングセンターは、だいたい一度は行ったことがあるんですが、ここは中でも比較的大きいところです。


ちなみにですが、越谷イオンレイクタウンは桁違いに大きいです。


越谷を100とすれば、水戸内原は45くらいのサイズ感です。

水戸内原と同じサイズ感のSCってあまりなくて、体感上、多分同じ茨城で、つくばにあるイーアスつくばがほとんど同じくらいだと思うんだよなー。あとは埼玉・羽生のイオンかなあ。

埼玉・久喜にある、モラージュだと、モラージュの方が多分一回りほど大きいと思います。
群馬・太田のイオンとか、北戸田のイオンと比べると、水戸の方が大きいかな。

敷地は栃木・佐野のアウトレットなんかも大きいですが、あそこはすべて平屋建だから、売り場はやっぱり屋内で階層のあるショッピングモールのほうが多いと思います。



越谷レイクタウン        100
     (mori        52)
     (kaze        32)
 (アウトレット        26)

モラージュ菖蒲         49
羽生イオン           48
イーアスつくば         48
イオン水戸内原         45
イオン太田           39
イオン北戸田          38
ひたちなかファッションクルーズ 36
宇都宮ベルモール        35
佐野プレミアムアウトレット   33 (敷地47くらい?)


みたいな。完全主観ですが。

ちなみにですが、モラージュ菖蒲の隣にある蔦谷書店(TSUTAYA)は、書籍・ステーショナリー・CDともすごく充実してました。モラージュのオプション。


で、イオン水戸内原は最近、冬の増床リニューアルにむけて店舗の撤退やら一時休業が多くて、
最寄のショッピングセンターがそうなると、意外と不便なんですよね。
何が一番不便かって、本屋さんが仮店舗営業になってしまって、ステーショナリーが無くなってしまってるっていう。

ノートとか文具が選べない。


しかも増床に合わせてタワーレコードが無くなってしまうんですよ、これは最悪ですね。
なぜに売り場を広くするのに、CD屋が無くなるのか…

もしかしたら、イオン系の聞いたことないようなCDショップでも入るのか。
でも、だったら水戸駅まで行って新星堂で買うなー。


ホントはノート買いに行ったのに文具がない!ってこと書こうとしただけだったのに、ショッピングセンターの話みたいになっちゃった。

本屋だけでも、早くリニューアルオープンしてくれないかなー…


BGM...
Mr.Children 「ゆりかごのある丘から」

あぁ、やっぱミスチル好きです、くそー。
| アンディー | 毎日日記 | 23:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ぶつかること、逃げること
今日はスタジオに入って、


曲作るって大変だな、とか、
アレンジって大変だな、とか、
人とぶつかるって大変だな、とか、


そんな一日でしたが、
大変だからこそ、その先に無限に世界が広がってるんだなあ、なんて思ったりもしました。


今の世の中、みんな人と接するのが面倒なんだろうと思います。
おれ自身、そうですし。

だから、これだけネットでのコミュニケーションってのが発達したんでしょう。
でも、やっぱり、面と面を向き合わせてのコミュニケーションに勝るものってないんだな、

そう思いました。


面倒に感じることはたくさんあるけれど、

それでも人と一緒にいる時間、大切にしていきたいです。


BGM...
Gerry Mulligan 「Morning Of The Carnival」
| アンディー | 毎日日記 | 04:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
金沢、野町・寺町方面
金沢、にし茶屋街




ひがし茶屋街と主計町は金沢城から東、まあ歩いて行けないこともない距離に、浅野川を挟んでトントンと現れるのですが、


こちら、にし茶屋街は金沢城から西に犀川を渡り、歩くには多少遠く感じる距離のところにありました。
犀川を渡ってからの周辺の表通りは、金沢城周辺や東側と比べると、普通の町と言った雰囲気で、旅行で来た人には金沢を歩いてるってが乏しいような感じも。


でも、一本裏通りに入ると、古社寺がたくさん並んでいたり、雰囲気のある料亭や旅館もあったり。
で、にし茶屋街は、一見さんお断りのお店が多いみたいで、昼間に行っても活気はあまりありませんでした。時々、芸子さんが歩いていたりもしたけれど、観光客も少なめ。夜はちょっと雰囲気が変わるのかもしれません。


突き当たりまで歩いて、豆腐屋さんのアイスクリームを食べました。
豆の味がしっかりしてた。


近くに、忍者寺の呼び名で有名らしい、妙立寺があります。
所定の時間に集まった人をまとめて、お寺のからくり案内をしてもらえます。

ここのからくりはなかなか見応えあって楽しいです。
案内のお姉さんが知り合いにそっくりで、詳細思い出そうと記憶を探ると、そればっかり思い出されますが、とにかく面白いので時間に余裕がある方は必見です。


ただ、金沢駅から向かうなら、よほど歩くのが好きではない限りは、タクシーなりバスなりの利用をお勧めします。
遠いよ。
| アンディー | 旅行記 | 03:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
一週間。
ちょっと自分でもびっくりするくらい、この一週間あっという間でした。

ブログ書く暇もないくらいに忙しかったわけではないですけど、

中身のほとんどない日記は、週一回くらいでいいよね。


ふと、

例えば明日から、なんのしがらみもない世界に放り出されて、

いきなり新しい生活を始めることになったとしたら。


なんか、そんなことに憧れるのは、ないものねだりなんでしょうね。



今、手元にあるバーボン、ナッツ、ポテトフライ。

ヘッドフォンに流れるコルトレーンのサックス。


それが今この瞬間の自分の世界のすべてで、

別に他になにもいらなかったりするし、

時間が止まればいいのに、とも思ったりするし、

でもどうしようもなくやってみたいこともあるし。

自分というものは、案外自分が一番わかってないものなのかも知れないですね。






BGM...
John Coltrane 「Moment's Notice」
| アンディー | 毎日日記 | 02:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
楽器って、いいよね
明日は横浜でライブです。





シールドケーブルを買い換えてみたので、使ってみるのが楽しみです。
まずリハーサルでどんな音が出るか、だなー。


レコーディングやミックスでもお世話になっている、大谷さんに付き合ってもらいながら、
5、6種類くらい試させてもらって、迷いながら選んだケーブルです。
本当に、大谷さんにはいろいろお世話になり通しで感謝いっぱいです。

結局いろいろ試したけれど、、大谷さんに最初お勧めしてもらったやつにしました。

パッと聞いて魅力的なシールドは他のやつだったけど、
時間をかけると、ずっと聞いていても疲れない音ってのが一番いいな、と感じて、
それが最初にお勧めしてもらったやつでした。

明日もいい音で鳴ってくれるといいなー。


弦も、今まで使ったことのないやつに張り替えたんですよ。
で、今日はネックの調整とかお手入れとかしてて。

なんか、ワクワクするんですよねー、こういう時間。


しかしながら、
エレキ楽器って、実は楽器としてのパーツが多すぎて、

手間もお金も時間も、馬鹿になんないです。


アコースティックなら、楽器1本でも、
エレキでは、例えばベースで言えば

ベース本体
→シールドケーブル
→エフェクター類
→アンプ
→スピーカーケーブル
→スピーカー

これ全部そろえて、初めて楽器として成立するんだもんね。


例えば100万で、

ウッドベース買うのか、

40万のエレキベースに
50万のアンプキャビに
10万円のアクセサリーとケーブル


金額はそれでトントンだもん。

まぁ、ウッドベース持ってても、
手間も時間もお金も馬鹿になんないのは一緒ですね。


音楽ってお金かかるってことですね。

大事なのはお金じゃないけどね。



BGM...
John Coltrane 「Resolution (Part 2)」
| アンディー | 毎日日記 | 02:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
1人でも多くの笑顔に
レコーディングした曲の、ミックス・マスタリング作業を進めてもらっています。


メンバー集まって現段階でのミックスを聞いて、
要望を伝えて修正してもらって。


録音の段階で、良い音で録れてたけれど、
きちんとミックスされて、より聞きやすく良い音になっていきます。


これがCDとなって、
ケースに入って、
ライブ会場なんかで誰かの手に渡って、

それで何かの折にその人のちょっとの笑顔になるなら。

素敵です。


メンバー4人だけじゃない、たくさんの人に支えてもらって出来上がるCD。


1人でも多くの人に、聞いてもらいたいです。


9/14(金)に、水戸駅ビルEXCEL、6階にて、インストアライブを行うことが決定いたしました。
現在レコーディングしてミックス中のCDも、その日に先行発売いたします。
この日限りのアコースティックバージョンなので、ぜひ遊びに来て下さい。
| アンディー | 毎日日記 | 04:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
石川、金沢 香林坊



金沢市、香林坊の路地。
109の裏あたり。

金沢は、どこをどう切っても歩けば楽しい街だったと思います。


香林坊から片町は、どちらかと言えば観光というよりはショッピングの地域なんでしょうけど、
後楽園や金沢21世紀美術館、武家屋敷からも近く、

むしろ武家屋敷界隈から後楽園、美術館方面に歩けばほぼ必ず通るので、
観光目当ての人が歩くことも多いのではないかと思います。


金沢での旅行はゆっくり歩いたので、香林坊周辺もけっこう見て歩きました。
その界隈で二度、食事したけれど、どちらも美味しかったです。



一軒はタブリエってお店、おそらくイタリアン中心のお店かなあ。
ランチで入ってあまり迷わず注文してしまったから、
どんなメニューだったかあまり覚えていないですが。

もう一年近く前だけど、
ペペロンチーノと、ソーセージを食べたのは覚えています。
覚えてるってことは美味しかったんでしょう。
ペペロンチーノは正統派、って感じで、思い出せないけど具材が良かったんだよなあ。
ソーセージも香り豊かでジューシィでした。
なんか、一緒に添えてあったパンも美味しかった記憶があるんだよなあ。

こういうのは、帰ってすぐ記録するもんですねえ。



もう一軒は、お店の名前を忘れてしまうという失態。
アイルランドの地名だったと思ったんですが。

っていうのも、アイルランド出身のご主人のお店だったんですよね。

なんか、最初通りがかったときは混み合ってて入れなくて、
後日通ったときに入れそうだったからすかさず入ったっていう。

ラザニア的なものと、ピザを食べました。
ピザはマルゲリータみたいだったけど、チョリソーみたいなのが乗ってたなあ。

メニューはほぼなくて、その日決まったものを出してました。
味付けが濃くなくて、自然な味わいが印象的。ラザニアの野菜の味が活きてました。

食後にティラミスを頼んでみて、
まあ正直見た目はべシャッとしてて、普段見かけるティラミスよりずいぶん柔らかそうだったんだけど、
これがすごく美味しかった。人生で一番美味しいティラミスだった。
マスカルポーネの風味もコーヒーの風味もどちらもしっかりしてて、
でも調和の取れた味わい。そして柔らかい。溶けるようなティラミスでした。

地元の方も観光の人も入り混じって訪れるらしく、
食事中に金沢大学で教える外国人教授夫妻や、
イギリスからのバックパッカーが入ってきたりもしました。
どちらもネイティブの会話だったから、情報は断片的でしたけど、
やっぱり母国語で話せることに安心感があるのか、
とてもくつろいでいるように見えました。

ちなみにお店のご主人はあまり日本語を話せないようで、
日本人相手にはだいたい奥さんがしゃべってました。

食後まったりしてたら、その奥さんと世間話などして、
観光で来てるのに、こんなにゆっくりする人珍しい、なんて言われました。
一時間以上はいたと思うから、たしかにそうかもね。


でも、旅行の楽しみって、何を見るかより時間とお金の使い方だと思うんですよね。
贅沢できるところはとことん贅沢に。
知らぬ土地で、素敵なお店を見つけて、時間も気にせずにゆっくり食事をする。
こんな贅沢ってないですよ。
| アンディー | 旅行記 | 02:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
流行り廃りも良し悪し。
酒屋や、スーパーのお酒コーナーを見るのが好きです。

別に買わなくても、なんとなくワクワクするんですよね。


車の運転が多くなってからは、
めっきり飲むことも減ったけれど、

それでも夕食後にゆっくり一杯やるのが、たまの楽しみ。


今日、水を買いに行くついで、酒屋さんに行ってみたんです。

なんか、流行のせいか、ウイスキーがシングルモルトばっかり。

シングルモルトは確かに美味しいけれど、
だからといってブレンデッドが減らされては、
選ぶ楽しみ見る楽しみも半減です。

むしろ、シングルモルトこそ多くなくていいのに。
少ない中で、あぁ、これあったよ!とか、
あれ無いからあの店見に行ってみるか、とか。
そういうのが良かったのに。。。


ブレンデッドのスコッチは流行らないのかなぁ。


BGM...
Miles Davis 「Straight, No Chaser」
| アンディー | 毎日日記 | 01:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Four Roses Small Batch



Four Roses Small Batch


まず、瓶がお洒落で気分が良いですね。
盛り上がります。


そもそもスタンダードのFour Roses自体、
バーボンとしてはキツさがなく、柔らかい印象で、
とても華やかな香りがあって飲みやすいと思っていたのですが、


こちらはその印象をそのままに、
もっと華やかで、でも上品な香りでした。


グラスから立ち上がる甘い香り、
フルーティな甘さですが、樽の香りでしょうか、
混じり合ってバニラやメープル、チョコレートを思わせるような香りにも感じます。
ストレートだと甘さはいっそう増して、
個人的には、ミルクココアのように感じました。


甘さの奥で、鼻に抜ける爽快感といいますか、
甘さのあとに、ジンジャーのようなスッとした香りが抜けます。
オンザロックにすると、甘さと爽やかさのバランスがとても良いです。
ハーブを加えたリキュールのよう。


口に含むと、芳醇な香りとは裏腹に軽口です。
他のウイスキーと比べると、少し酸味が強く感じます。
酸味と甘み、口に含んでからアフターにレモンのような香り。


ハイボールはあまり飲まないのですが、
これはハイボールにしてもなかなか美味しそうだな、と思います。
ウイスキー全般に言えることだけど、
飲み方を変えると、キャラクターも少しずつ変わって面白いです。


これは飲みやすい、飲み飽きない、で飲みすぎますね。
| アンディー | ウイスキー | 01:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |




     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ With Rickenbacker 4003
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE