今日もこんなに美しい世界で、


以前は毎日書いてました。

今は気まぐれに更新します。
サントリー 白州 10年
好きなもの、音楽・写真に続き第三弾。


ウイスキーですね。





サントリー 白州 10年です。
12年はね、やっぱりちょっとだけ値が張るんで、普段飲みには10年がいいです。今ちょうど切らしてるんですけどね…

白州ですが、
これはシングルモルトってやつに分類されます。ウイスキーの分類とか細かい話は、機会があれば書こうかなと思いますが、さっくり言うと、ひとつの蒸留所で作られたモルトウイスキーだけが瓶詰めされて商品になってるやつです。
日本酒の、酒蔵の名前が入ってるやつにイメージは近いと思います。同じくサントリーの有名な山崎や、ニッカの余市なんかもシングルモルトです。


同じサントリーの例えば響とかは、ブレンデッドウイスキーといって、こういう白州で作られたモルト以外に、山崎のモルトが入ってたり、あるいはグレーンウイスキーってやつをバランスよくブレンドしてから、熟成させてます。


シングルモルトは、ブレンデッドのような繊細な飲み口とは一味違う、力強さを感じます。
口にしてから広がる個性は、その蒸留所を象徴するわけですね。


で、白州10年を、同じサントリーのシングルモルト山崎の10年と比べるなら、

山崎が、香り、口当たり、余韻とも甘みと芳醇さを感じるのに対し、

白州は端麗といいますか、キレが良い。
かといって辛口、というわけではなく、香りは爽やかな中にも、口当たりにはほのかに甘みを感じます。みずみずしく、フルーティです。
シングルモルトは、ストレートや、水と1:1で割って楽しむことが多いのですが、白州はいろいろな飲み方が楽しめると思います。
ハイボールもよし、ロックもよし、ミントや柑橘類を足しても爽やかさが増して良いかもしれません。


初めてウイスキーを飲むんです、って人におすすめはしないけど、シングルモルトとしてはかなり飲みやすいし、

ハイボールなんかにしちゃえば、かえって初めてウイスキーを飲む人にもおすすめできるかもしれません。


白州は、山梨県北杜市に蒸留所があります。サントリー天然水の採水地でもあり、水のおいしいところです。
ワインの産地としても有名な山梨ですが、お酒好きの方は是非に、こちら白州の蒸留所に行くことをお勧めします。
あそこで作ってもらうハイボールは絶品ですよ!
| アンディー | ウイスキー | 00:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
帰ってきた
先ほど、スタジオから帰ってきました。


実は明日はレコーディングです。


起きれるか、心配です。


寝よう。


ちょっとだけ、寝酒。




Johnnie Walker Red Label

グラスに注ぐと、まろやかな甘い香りとスモーキーさが同時に立ってきます。少しフルーティ。
口に含んでも、香りの印象そのままの味わい。香りよりはビターかも。
飲み進めるうちに、最初に感じたちょっとしたフルーティな香りをより感じました。
口に含んだときは、先に甘さが来て、直後にスモーキーフレーバーが口に広がるような印象です。
喉元過ぎた後、チェイサーを喉に流し込むと、少しキレの良い香りが感じられるような気がします。

書いてみたけど、毎年ちょっとずつ味違うわけだし、感じ方は人それぞれでしょうね。

ちなみに、何年か前の瓶だけど現行品といって差し支えない最近のものです。



BGM...
Keith Jarrett Trio 「Autumn Leaves」
| アンディー | ウイスキー | 03:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Four Roses Small Batch



Four Roses Small Batch


まず、瓶がお洒落で気分が良いですね。
盛り上がります。


そもそもスタンダードのFour Roses自体、
バーボンとしてはキツさがなく、柔らかい印象で、
とても華やかな香りがあって飲みやすいと思っていたのですが、


こちらはその印象をそのままに、
もっと華やかで、でも上品な香りでした。


グラスから立ち上がる甘い香り、
フルーティな甘さですが、樽の香りでしょうか、
混じり合ってバニラやメープル、チョコレートを思わせるような香りにも感じます。
ストレートだと甘さはいっそう増して、
個人的には、ミルクココアのように感じました。


甘さの奥で、鼻に抜ける爽快感といいますか、
甘さのあとに、ジンジャーのようなスッとした香りが抜けます。
オンザロックにすると、甘さと爽やかさのバランスがとても良いです。
ハーブを加えたリキュールのよう。


口に含むと、芳醇な香りとは裏腹に軽口です。
他のウイスキーと比べると、少し酸味が強く感じます。
酸味と甘み、口に含んでからアフターにレモンのような香り。


ハイボールはあまり飲まないのですが、
これはハイボールにしてもなかなか美味しそうだな、と思います。
ウイスキー全般に言えることだけど、
飲み方を変えると、キャラクターも少しずつ変わって面白いです。


これは飲みやすい、飲み飽きない、で飲みすぎますね。
| アンディー | ウイスキー | 01:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |




     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ With Rickenbacker 4003
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE