今日もこんなに美しい世界で、


以前は毎日書いてました。

今は気まぐれに更新します。
石川、金沢 ひがし茶屋街



去年、金沢を旅したときの写真。


石川県、金沢市。
関東圏からですと、高速に乗って4、5時間くらいですかね。
なかなかの距離です。簡単には行けないですね。


写真はひがし茶屋街の夕暮れです。
金沢には、茶屋街が三つあるみたいなんですね。

石川に3泊4日したので、茶屋街はすべて回りましたが、
このひがし茶屋街が、一番見応えがあったかなあ。

路地に入っても、趣があまり変わらないし、範囲も広いし、
ところどころに昭和の趣のある建物も混じっていたり。
歩いていて、景色のテンポがよく、楽しいです。


他の二つの茶屋街、主計町とにし茶屋街に比べると、
営業しているお店の絶対数が多い感じがするし、
観光客が入りやすい雰囲気もここが一番だったな。


駅周辺から歩いて行ったけれど、
おそらく一般的には歩く距離じゃないので、
交通機関をきちんと利用したほうがいいと思います。
| アンディー | 旅行記 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
熱量
昨日、渋谷O-Crestでライブでした。


いろんな人がいて、いろんなバンドがいて、いろんな出会いがあります。


バンドやってて出会う人、

みんな共通してるのは、

すごく熱のある人ばかり。

熱の発し方はそれぞれ違っているけど、

みんなすごい熱量で動いてるんだなあ、と。


自分も、傍から見たらそういう人間なんだろうか。

うーん。わからん。





特に意味は無いですが、横浜の写真です。

終戦記念日だったんですよね。

最近の近隣諸外国の動静(特に領土関連)、気になります。

俺は熱心な日本国民活動家的な人間ではありませんが、

それでもこの前の韓国の大統領の発言には、

一人の、日本に住んでる人として憤りが隠せないです。

毅然とした対応をしてもらいたいものです。

BGM...
Sonny Rollins 「Strode Rode」
| アンディー | 毎日日記 | 02:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
SPINGLE MOVE SPM-198-180
すごく履き心地の良いスニーカー。




基本的にスニーカーで日常を過ごすのですが、

歩き方に癖がありまして、いつも右足のかかとが磨り減って穴が。


早いときは4ヶ月くらいでスニーカー一足ダメにしてしまってたので、

造りのしっかりした、とくにソールのしっかりしたスニーカーが欲しかったんですね。

で、店頭で見かけたこのスニーカー、

ソールがかかとを覆うような形、しかも厚め。

で、素材も合革ではなく、本革。

試しにこのSPINGLE MOVEのスニーカーを何足か履き比べて、

一番しっくりきたのが、これでした。



カンガルーレザーを使ってるらしいですよ。

決してスニーカーとしては安くはないけれど、

履き心地は今まで履いたスニーカーの中でも抜群です。

造りはしっかりしているのだけれど、

レザー自体が軽いのか、他のスニーカーと比べると、

まるで靴なんて履いてないかのような軽さ。

ソールにも角度が付いていて歩きやすい。



販売店に連絡すれば、メーカーに送ってソールの修理もしてもらえるので、

気に入ったらとても長く履けるのもいいな、と思ったポイント。

もちろん、美観的には新品の方が良いのだけれど、

革製のしっかりしたものは、やっぱり長く使いたいです。
| アンディー | 他のお気に入り。 | 02:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
言い尽くせない
昨日から今日までバタバタしまして、


szpilmanが横浜Baysisで何度も対バンしたアカネノート、

今日で解散で、イベントをやるってことで、見に行ってきました。



解散、


って、そんな言葉ではきっと言い尽くせない思いや時間があったはずで、


やっぱり、じわっと来るものがありますね。


いいライブ、いいイベントでした。


明日はszpilman、渋谷O-Crestでライブです。
解散するわけじゃなくても、強い思いでやりたいですね。


BGM...
Charlie Parker 「Bird Gets The Worm」
| アンディー | 毎日日記 | 23:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
The Cat
今日もジャズのCDです。




Jimmy Smith 「The Cat」


Jimmy Smith (org)
Thad Jones (tp)他
Jimmy Cleveland(tb)他
Kenny Burrell (g)
George Duvivier (b)
Grady Tate (ds)
他多数


まずジャケットがいいですよね。
今見てもかわいい、かっこいいデザインだと思います。


ジャズにそれほど詳しくないとこからの視点で言いますと、
まず、オルガンでジャズっていうところにびっくりしましたね。

ジャズって言うと、サックス等の管楽器、鍵盤といえばピアノ、
そんな固定概念がありましたので。


前回紹介した「Horace Silver And The Jazz Messengers」、
それよりもっとファンキーな要素が強くなってる感じです。

サウンドは前面にオルガン、
そのバックに管楽器とリズムが鳴るんですが、

ジャズのオルガンサウンドは、

ハードロックだと聴かされて、
初めてDeep Purpleを聴いたときの衝撃に似てます。


オルガンってかっこいいね。
| アンディー | CD | 22:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
色の上下関係
突然ですが、


歩行者用信号、緑と赤、どちらが上かわかりますか?


さっき、たまたまその事を意識することがあって、


あぁ、日常って見落としてることがばかりだなって。


この2日間くらい、
なでしこと、卓球女子団体のニュースやらインタビューやらたくさん流れてますが、

もう微笑ましすぎて、

なんか、本当に心から、

おめでとう、ありがとう。

そう思ってます。


全力を尽くして自分の競技に臨む選手たち、

結果がメダルであろうと、そうでなかろうと、

その姿や言葉には、本当に勇気づけてもらってます。


BGM...
Bill Evans 「Waltz For Debby」
| アンディー | 毎日日記 | 23:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
雷を撮ってみた(Nikon D700、AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED)
少し前に、雷がすごい日がありました。
あんまり光るんで、ちょっと空を見てたら、

何度も空中で稲妻が走ってまして、
これはもしかしたら写真に撮れるんじゃないか、と。





Nikon D700、AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDで撮影です。


AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED


このレンズはとにかく大きくて重いので、

一日中歩き回ったりとか、
人が多いときなんかの取り回しとか、
そういう面で不利なのは否めないのですが、

やはり24-70mmという使いやすい画角をカバー、
f2.8という明るさの汎用性、
ズームレンズでありながらの、画角を選ばない画質のよさ。

そういう意味でとても重宝します。

フルサイズで使用すれば24mmはけっこうな広角ですし、
70mmは、50mmでどうしてもフレームインしてしまう余計なものをカットしたり、
ケースによっては望遠レンズや、マクロみたいな使い方も可能だったり。

とにかく万能レンズです。


この日の雷を撮るにも、広角気味にして絞って雷のタイミングを狙い、
D700の強み・高感度撮影との組み合わせで、
比較的鮮明な稲光を捕らえることができました。


雷の撮影に挑戦したのは初めてなんですが、
初めてでこれだけ撮れてしまうってのは、
やはりカメラとレンズの基本性能のおかげだなと思います。

使い方次第で、あらゆるシーンで持ち主の思いに応えてくれる、
とても良い組み合わせだと思います。
| アンディー | カメラ、写真 | 23:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
夏の図書館
今日、ちょっと図書館に行きました。

探してる本があって、
茨城はあまり本屋が充実していないので、
困ったときは図書館です。


大学生なんかだと、
論文書くのに必要な本を買いに、
東京まで行く人もいるくらい。


図書館、勉強する学生がいっぱいいました。

夏休みだもんね、
受験に本気な中高生たち。


図書館の静かな雰囲気。
学生の頃はあの雰囲気の中で勉強ってのが苦手で、

今まで図書館で勉強ってしたことがないです。


図書館で読書は好きだから、
図書館が苦手なわけではないんですが。


むしろ今日なんか久しぶりの図書館、
ワクワクしすぎて小走りしちゃいました。


あぁ、ついでにお酒のガイドブックみたいな本も借りてくれば良かったな。

飲んだことないお酒飲みたいと思ってたんですよね。

いつだって後から思い出すんだよな、そういうこと。

次は忘れずに借りて来よう。


szpilmanは来週の火曜日、8/14に渋谷O-Crestでライブです。

東京でのライブは、
来月は9/6の下北沢Garageしか決まっていないので、
(この日は仲良くしてもらってるバンド、
Sky And Lagoonの企画イベントです!)

どちらもチェックお願いします。


BGM...
Sonny Clark 「Blue Minor」
| アンディー | 毎日日記 | 22:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Horace Silver And The Jazz Messengers
ちょっと前になんだかはまってこればかり聞いてました。




Horace Silver 「Horace Silver And The Jazz Messengers」


Horace Silver(p)
Kenny Dorham (tp)
Hank Mobley (ts)
Doug Watkins (b)
Art Blakey (ds)


ジャズの演奏に、ファンキーの要素を持ち込んだ人らしいです。
体を揺らしてしまうような、リズミカルな雰囲気がとっても良いです。
軽快な曲から、どっしりした感じの曲、バリエーションに富んでるけど、
どの曲も聴いていて体が動いてしまうようなノリのよさは一貫してると思います。


ジャズとかって、座って聴いてるだけでつまんないんだよね、って人がいたらおすすめです。
素人目からしてですけど、お洒落なジャズの雰囲気と、ダンスミュージックとしての要素、
バランスがよくてとても聴きやすいです。

ジャケットもなんだかかっこいい!


ちなみにHorace Silverはピアニストなんですが、
この作品はパッと聴き、トランペットとサックスの方が前に出てきます。

先に書いたバランスの良さってのは、もしかしたら、
Horace Silverのピアノのリズムアプローチと、ホーンセクションの絡み、
そんなとこから来てるのかも知れません。
| アンディー | CD | 22:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
いいものできそう。
レコーディングから帰ってきました。


今回、リリースする用の録音はすべて終わり。
あとはミックス・マスタリングとジャケットデザイン。
期日までそれほど時間はないけれど、いいものができそうです。


9/21には自分らの企画ライブがあります。
水戸Lighthouseで、仲の良いバンドでのイベント。

静岡・沼津からはうちらを沼津に呼んでくれたJessika、
千葉からyEANが来てくれます。

前日には千葉県、稲毛でyEANに企画してもらい、
szpilman、Jessika、yEANの3バンドは2日一緒。


楽しみです。

その日には間違いなく、今日録った曲のCDも出来あがってます。


楽しみです。


BGM...
Elvis Vs JXL 「A Little Less Conversation 」
| アンディー | 毎日日記 | 02:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |




     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ With Rickenbacker 4003
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE